スキャニングレーザードップラー振動計

スキャニングレーザードップラー振動計は、振動計測定ビームが試験対象物を走査し、測定点のグリッドの振動データを短時間で記録するフルフィールド振動イメージング測定技術です。

Optomet スキャニングレーザードップラー振動計(SLDV)は、Nova SWIRデジタル振動計の優れた信号品質と、ビーム偏向ミラー、HDビデオカメラ、内蔵型信号発生器、および基準チャネルの入力を組み合わせたものです。OptoSCANソフトウェアを使用すると、スキャニングレーザー振動計が、ターンキーで直感的に操作できる振動視覚化システムになります。OptoGUIソフトウェアと組み合わせると、SLDVをシングルポイント振動計として操作できます。


検査対象構造の非接触振動測定は、構造の動的挙動に対する正確で貴重な洞察を提供します。動作振動と構造振動をアニメーション化し、共振を特定し、有限要素モデルの計算の検証、あるいは表面波のエネルギー伝搬を可視化したりすることができます。

最先端のスキャニングレーザー振動計

Optometは、世界初の短波赤外線(SWIR)レーザーベースのスキャニングレーザードップラー振動計のパイオニアであり、表面処理の必要性を排除し、優れた測定感度による最高品質のデータを生成します。

最大の光学的開口による最大感度

Optomet スキャニングレーザードップラー振動計は、業界最大の光学開口を備えており、反射したレーザー光の収集率を最大化します。これにより、レーザーの後方散乱が最小限のポイントでも、可能な限り最高の測定感度が保証されます。

いかなる表面でも測定

スキャニングレーザードップラー振動計の超高感度と、SWIRレーザー技術の優れた信号品質を組み合わせることで、光反射率が最小で測定距離が最大の表面でも正確に測定できます。さまざまな表面反射率と複雑な形状の検査対象物は、Optomet スキャニングレーザードップラー振動計では、測定面を反射フィルムで準備する必要なく、一回の測定プロセスで測定されます。

ユーザーフレンドリーな測定ソフトウェア

OptoSCANスキャニングレーザー振動計は業界で他に類を見ない、最もユーザーフレンドリーな測定ソフトウェアを搭載した製品です。またこちらの製品は短時間でまだ未経験の方でも容易く正確なデータの収集が可能です。

Optomet 振動計の特徴

UltraDSP 汎用デジタル信号処理、真の携帯性、あるいは直感的なハードウェア、および最先端のソフトウェアといった、すべてのSWIRデジタル・レーザードップラー振動計に共通するフィーチャーについては、製品概要で詳しく説明しています。


  • コンパクトで、真にポータブルで直感的なハンドリング
  • SWIRレーザー光源と最高の光学感度を備えた大口径
  • オープンデータと制御インターフェース
  • 最大 ±30m/s までの振動速度
  • 50 フェムトメートルまでの変位分解能
  • エンドツーエンドのデジタル・ワークフロー
  • 160 Msamples/sのサンプルレートの3つのアナログ出力
  • ギガビット・イーサネットインターフェース
  • イーサネット経由のリモートアップデートとアップグレード

すべてのハードウェアおよびソフトウェア機能を含む、すべての振動計の特性の詳細リストは、「サポートとデータシート」内の振動計データシートにあります。

カテゴリーその特徴
測定量速度、変位、加速度
信号処理デジタル (Optomet UltraDSP)
周波数帯域幅DC up から 25 MHz
最高速度30 m/s
作動距離:100 mまで
スキャン角度 (h x v)50 ° x 40 °
カメラフル HD 1080p、30倍の光学ズーム
イーサネット・デジタル出力1 GBit/s
BNC アナログ出力変位、速度、加速度、信号発生器の出力
BNC アナログ入力測定入力、リファレンス入力の2倍
チャネルごとに、24ビットA/Dコンバーター
IEPE入力(集積電子圧電素子)のサポート
レーザー波長測定レーザー:出力パワー:1550nm、<10 mW、アイセーフ、クラス1
ターゲティング・レーザー:510 - 530 nm
レーザー安全クラス測定レーザー:出力パワー <10 mW、アイセーフ、クラス1
ターゲティング・レーザー:出力パワー <1 mW、アイセーフ、クラス2
動作温度範囲0 ...40 °C
寸法長さ x 幅 x 高さ(ハンドルを除く):450 x 224 x 180 mm
重量12 kg
電源110-240 VAC (50-60Hz) または15 VDC
シングルポイント操作モード最大周波数 10 MHz
最高速度 24.5 m/s

当社の走査型レーザー振動計は、OptoSCANソフトウェアを使用した走査動作モードで使用できますが、OptoGUIソフトウェアを使用したシングルポイント動作モードでも、振動計の設定を管理し、測定を開始し、データ分析を実行できます。両方の動作モードとプログラムを同時に使用することもできます。

OptoGUI

OptoGUI は、シングルポイントモードで作業する場合のリモートコントロール、データ収集、およびデータ分析のための広範囲で直感的なソフトウェアです。データ転送は、損失のないデジタルギガビット・イーサネット接続を介して実現されます。

OptoSCAN

OptoSCAN は、スキャンモードで作業する場合のリモートコントロール、データ収集、およびデータ分析のための広範囲で直感的なソフトウェアです。データ転送は、損失のないデジタルギガビット・イーサネット接続を介して実現されます。

干渉測定信号の評価には、さまざまな高性能リアルタイムデコーダが利用できます。Optomet UltraDSP テクノロジーにより、Scan-シリーズで最大 25MHz (シングルポイント操作モード用)の周波数と最大30m/s の振動速度の測定が可能になり、100 fm 以下までの分解能で変位を検出できます。すべての振動計には速度デコーダーが組み込まれています。変位デコーダーと加速度デコーダーはオプションで購入できます。デコーダーごとに多数の測定範囲があるため、常に最適な感度で測定を実行できます。

デコーダーは簡単に後付けまたはアップグレードできます。基本的なシステムから始めて、必要に応じて後から測定器の機能をその都度適応させます。このためには、機器を工場に返却する必要がなく、生産または研究プロジェクトを停止して待機する必要もありません。次の表に、構成オプションの概要を示します。また、あなたの測定タスクに最適なデコーダーの選択を喜こんでサポート致します。

基本

デコーダー名

測定範囲の数

最大振動速度

最大周波数
(スキャン操作モード )

コメント

8

5 m/s

100 kHz

必須

19

オプション

8

オプション

センス

デコーダー名

測定範囲の数

最大振動速度

最大周波数
(スキャン操作モード )

コメント

11

5 m/s

1 MHz

必須

19

オプション

11

オプション

センス 速度

デコーダー名

測定範囲の数

最大振動速度

最大周波数
(スキャン操作モード )

コメント

12

12 m/s

1 MHz

必須

19

オプション

12

オプション

高速

デコーダー名

測定範囲の数

最大振動速度

最大周波数
(スキャン操作モード )

コメント

11

25 m/s

2.5 MHz

必須

19

オプション

11

オプション

超高速

デコーダー名

測定範囲の数

最大振動速度

最大周波数
(スキャン操作モード )

コメント

12

30 m/s

2.5 MHz

必須

19

オプション

12

オプション

高周波

デコーダー名

測定範囲の数

最大振動速度

最大周波数
(スキャン操作モード )

コメント

9

12 m/s

10 MHz

必須

19

オプション

11

オプション

マスター

デコーダー名

測定範囲の数

最大振動速度

最大周波数
(スキャン操作モード )

コメント

14

25 m/s

10 MHz

必須

19

オプション

14

オプション

マスター +

デコーダー名

測定範囲の数

最大振動速度

最大周波数
(スキャン操作モード )

コメント

14

30 m/s

25 MHz

必須

19

オプション

14

オプション

マスター ++

デコーダー名

測定範囲の数

最大振動速度

最大周波数
(スキャン操作モード )

コメント

15

30 m/s

25 MHz

必須

19

オプション

15

オプション

カタログをご覧になりたい方は、下記フォームより入力いただきますと、
ダウンロードサイトのURLがメールで届きます。

お問い合わせ

製品のご質問など、お気軽にお問い合わせください