エアロゾルモニタリング

ACS™ 1000

吸湿性研究の革新

エアロゾル粒子の吸湿特性を研究することで、それらが地球の放射バランスに及ぼす影響についての洞察が得られます。

Aerosol Condition System(ACS™)1000は、ほとんどのエアロゾルモニタリング機器で使用でき、粒子損失を最小限に抑えて相対湿度を調整し、エアロゾルの特性に対する水の取り込みの影響を測定します。

ACS™ 1000は、2つのサンプルチャンネルで異なる相対湿度レベルを同時に制御し、比較のために並列機器によるリアルタイム測定を可能にします。

特徴

サンプル滞留時間

加湿器経由で 1 l/min で最大 30 秒間

フロー制御

機器あたり 1 ~ 10 l/min

サンプル相対湿度

40 % ~ 90 % (乾燥圧縮空気の相対湿度に依存)

温度センサーの精度

±0.1℃

RH センサーの精度

±0.8%RH(10~90%RH)

電源

AC110~250V、50~60Hz

ユーザーインターフェース

バックライト付きLCDとシリコンキーパッド

通信とデータストレージ

RS232 ポート x 2 • デジタル入出力 • アナログ入力 • USB • TCP/IP • USB データ ストレージ

外部機器とのインターフェース

・RS232 ポート x 2 (例: Aurora™ 比濁計)
・外部デジタル入出力およびアナログ入力。

オペレーション

ACS 1000 には、PM1、PM2.5、または PM10 などのさまざまなサンプル入口を取り付けることができます。周囲の空気はサンプル入口を通って引き込まれ、無制限のボールバルブを通ってさまざまなモジュールに吸い込まれます。
湿度の低下は、透過膜と乾燥空気源を利用する透過乾燥機を使用して実行されます。乾燥機は単一のナフィオン チューブを使用しており、これにより H2O 蒸気が膜の内側から外側に移動し、サンプル空気から H2O 蒸気が除去されます。膜の大きな内径 (40 mm) と接地されたメッシュの組み合わせにより、乾燥機による粒子の損失が最小限に抑えられます。
乾燥したサンプル空気は Gore-Tex™ メンブレンの内側を通過し、メンブレンの外側は Milli-Q 水で満たされます。
水温がより高い設定値に制御されると、内部に移動する水蒸気の量が増加し、サンプル空気の相対湿度を直接制御できるようになります。

構成

ACS 1000 のモジュール設計はユーザーに柔軟性を与え、乾燥モジュールと加湿モジュールのタイプ、数、位置に関して複数の構成を可能にします。
ACS 1000 は、サンプル経路全体に配置された複数の温度および相対湿度センサーを使用して、サンプルの状態を継続的に測定、制御、記録します。さらに、システムはポイントとシーケンスを手動で、または完全に自動化されたプロセスとして実行するように構成できます。マイクロプロセッサを使用すると、オペレータは次のような操作のための主要なパラメータを設定できます。

  • 相対湿度設定値
  • ランプ時間
  • 流量
  • 自動校正時間。

ACS 1000は、直接通信できるため、一対のAcoem Aurora™ 比濁計と組み合わせると特に便利です。ただし、他の多くのタイプのエアロゾル計測器でも使用できるように設計されています。

較正

ACS 1000 を使用すると、定期的な自動ゼロおよびスパン チェック、および計器の校正を実行できます。
校正中、システムはボールバルブを自動的に閉じて、サンプル入口からの空気が直接排気ポンプに送られるようにし、サンプル入口での流量を一定に保ちます。
したがって、校正を実行しても他の機器に影響を与えたり、流量に変化が生じたりすることはありません。

オプション

  • カスタマイズ可能な構成のための追加の加湿器、乾燥機、貯水器
  • PM1、PM2.5、PM10入口
  • 高流量ポンプ
  • 乾燥機アセンブリはスタンドアロンユニットとして購入できます。

カタログをご覧になりたい方は、下記フォームより入力いただきますと、
ダウンロードサイトのURLがメールで届きます。

お問い合わせ

製品のご質問など、お気軽にお問い合わせください