比濁計(ネフェロメーター)


Aurora™ NE-400 Polar


クラス最高極積分比濁計

Aurora™ NE-400 Polar は、3 波長統合比濁計であり、Aurora™ NE シリーズの主力製品です。

さまざまな後方散乱シャッター・ポジショニングを使用して、ユーザーが選択できる最大 18 の角度セクターで光の散乱を測定することで、エアロゾルの位相関数を決定し、高精度のデータで気候研究とモデリング プロジェクトを実現します。

特徴

より優れた信頼性と
拡張性を備えたパワー

新しい、より強力なマイクロコントローラーにより、信号処理能力が大幅に向上し、動作が高速化され、将来の拡張性を高めるためのプラットフォームが確立されます。

ワンタッチでデータに
アクセス可能

大型7インチカラータッチスクリーンディスプレイによる直感的なメニューシステム

リアルタイムのリモート監視
によるスピード

標準ネットワーク TCP/IP ポート、micro-SD カード、USB ポート、RS232 による接続性の強化

フローの改善による信頼性

新しい一体型内部ボールバルブによりサンプルの汚染を排除

切頂角を小さくした場合の精度

切頭角の低減とノイズの低減による精度の向上

極限状態でも信頼性の高い
パフォーマンスを発揮

最も過酷な環境でもパフォーマンスを発揮し、正確な測定値を取得できるように設計されています

フラッグシップ三波長
極積分比濁計

Aurora NE-400 Polar は、7° ~ 173° の積分光散乱の測定を提供し、ユーザーは 7° ~ 90° の積分開始角度の間で複数の後方散乱角を選択できます。
この機器は、実証済みの LED 光源を使用して 450 nm (青)、525 nm (緑)、635 nm (赤) を同時に測定し、光とエアロゾルの間の相互作用の広範囲かつ詳細な分析を可能にします。
これらの測定は、散乱角の関数として散乱される光の量として定義される位相関数の決定に役立ちます。位相関数は、地球の放射バランスに対するエアロゾル散乱の影響を正確にモデル化するための重要なパラメータです。

主なハイライト

  • 広い測定範囲(0.1~20,000Mm -1
  • 18 の角度セクターの完全に統合された散乱
  • 自動バイパスボールバルブは、校正中の共通サンプリングマニホールドの汚染を防ぎます。
  • マスフロー制御により、内部ポンプと連動して流量を制御できます。

利点

  • 複数の角度セクターにわたる完全にプログラム可能な統合散乱
  • 高出力多波長 LED 光源により測定精度が向上
  • 外部ポンプと MFC オプションにより、より高い流量が利用可能
  • カスタマイズされたデータ分析のための何百もの生の測定パラメータへのアクセス
  • 内部バルブを使用した簡素化された全自動およびスケジュールされた校正は、遠隔地に最適です
  • 無人操作のための堅牢な機器
  • 24 VDC 動作 (付属の主電源で最大 120 W)
  • 自動光学基準校正
  • 温度または相対湿度制御機能を備えた内部サンプルヒーター。湿度の影響を排除できます。
  • 前世代のAurora 4000と比較して、光源強度の増加と切断角度の減少、機器ノイズの低減、内部反射による壁散乱の減少
  • LED 光源は 3 年以内に故障しないことが保証されており、多くの場合、寿命は 5 年を超えます
  • 高効率LEDとファンを使用することで光源から発生する熱を低減し、サンプルの相対湿度の変化を最小限に抑えます。
  • LED は特定の波長で光を発するため、バンドパスフィルターが不要になります
  • LED 光源は測定の一貫性を保つために各波長に同じ光路を使用し、複数の PMT の必要性を排除し、光強度を最大化します。
  • 設定ファイルと調整ファイルの保存と自動バックアップ
  • Acoem エアロゾル コンディショニング システムACS™ 1000に簡単に統合できます。

オプション

  • 体積流量制御用の周囲温度および相対湿度センサー
  • ルーフフランジ、インレットエクステンション、防虫スクリーン付きレインキャップ
  • ガス校正キットと壁掛けブラケット
  • 年間サービスキット
  • エアゾール乾燥機
  • 20 lpm マスフロー制御オプションと外部ポンプ。

カタログをご覧になりたい方は、下記フォームより入力いただきますと、
ダウンロードサイトのURLがメールで届きます。

お問い合わせ

製品のご質問など、お気軽にお問い合わせください